仙台市生まれ。2001年第70回日本音楽コンクール第3位。05年東京藝術大学を首席卒業、安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会賞等、数々の受賞を果たす。07年第3回仙台国際音楽コンクールにて第1位、および聴衆賞、駐日フランス大使賞を受賞。同年、仙台市より「賛辞の楯」を、宮城県より芸術選奨新人賞を授与される。10年東京藝術大学大学院修士課程を首席修了、併せてクロイツァー賞を受賞。11年ARDミュンヘン国際コンクールにおいて特別賞受賞。ロームミュージックファンデーション奨学生としてドイツに留学、ベルリン芸術大学を最優秀の成績で卒業、ドイツ国家演奏家資格取得。

 

ソリストとしてベルリン交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、ドイツ室内管弦楽団等と共演。

 

東京、仙台、新潟でソロリサイタルを開催するほか、NHK「名曲リサイタル」「ベストオブクラシック」「クラシック倶楽部」への出演や、仙台クラシックフェスティバル、武生国際音楽祭、ゆふいん音楽祭出演など国内各地で演奏。10年からはドイツ各地でもソロリサイタルを開催、地元紙にて好評を博す。simcレーベルよりソロアルバム「悲愴、さすらい人幻想曲」を発売。 2015年「メンデルスゾーン:ピアノ作品集」をfontecより発売し高い評価を得た。2018年7月には最新盤「ショパン後期ピアノ作品集」がリリースされた。

 

室内楽活動にも積極的で松山冴花とデュオを組み、4枚のCDをリリース。また、白井圭、門脇大樹とはピアノトリオ「Accord」を結成し並行して活動を展開している。その他、ジェラール・プーレ、コリヤ・ブラッハー、堀米ゆず子、前橋汀子、山崎伸子、イェンス=ペーター・マインツ、など多くの著名な弦楽器奏者と共演。 

 

これまでにパスカル・ドゥヴァイヨン、ガブリエル・タッキーノ、ゴールドベルク山根美代子、角野裕、渋谷るり子の各氏に、室内楽をゴールドベルク山根美代子、田中千香士、河野文昭、山崎伸子の各氏に師事。

現在東京藝術大学講師として後進の指導にも力を注いでいる。